代々菊醸造㈱上越市(吟田川)

「吟田川」と書いて「ちびたがわ」。音の響きだけで、愛着がわいてくる。霊峰米山を借景とする田園が広がる地に江戸時代から続く蔵元・代々菊醸造の代表銘柄だ。

 代表銘柄といっても、誕生したのは20年ほど前。

修験者がこの地の水に打たれて修行していたというほど豊かな水源地。以来、蔵から10キロほど離れた吟田川地区の水を仕込みに使い、地区の名を銘柄とした。

超軟水、独自の酵母と仕込み方法で、大手とは違う、小さな蔵だからこそできる個性的な

味わいを追求している。

中越沖地震では1蔵が倒壊、残った蔵が火事の被害にあったが酒造りを続けている。

試練に耐え、試練を糧に、こだわりの酒を醸し続ける老舗の蔵元です。

吟田川 特別本醸造

 

すっきりしていて、キレがあります。爽やかな味わい。

 

1800ml 2052円

720ml 1080円

 

(日本酒度 +3 酸度 1.3 度数 15.8)

吟田川 特別純米

 

軽さの内にコクがある。味の濃い食事に合います。

 

1800ml 2462円

720ml 1361円

 

(日本酒度 +3 酸度 1.3 度数 15.6)

吟田川 純米吟醸

 

米本来のうま味を引き出すことに注力した純米吟醸酒。濃厚な味わいが魅力。

 

1800ml 3240円

720ml 1593円

 

(日本酒度 +1 酸度 1.5 度数 15.7)