新潟地ビール

八海山 ライディーンビール



商品名の「ライディーンビール」は清酒八海山同様の仕込み水「雷電様の水」

から名付けられました。

醸造所の名前ともなっている「猿倉山」は霊峰八海山に向かって左側に派生する支尾根のひとつです。この山に住む野生の猿がラベルのモチーフになっています。



 ライディーンビール ヴァイツェン

 

フルーティーな香りと酸味が特徴で、生きた酵母の味わい。

 

ほのかな酸味と柔らかな香りが口いっぱいに広がり、苦みの少ない優しい味わいの

泡立ちが豊かで泡がいつまでも持続し、フルーティなフレーバーも最後まで愉しむことができます。ビールの苦さがちょっと、という人も、ヴァイツェンなら気に入るはず。おすすめのグラスは、細長く下の方がくびれたヴァイツェン型。
ヴァイツェン特有の白く濁ったグラデーションを目で楽しみつつ、豊かな泡が最後まで持続します。

                   アルコール度数:5%    

                   材 料:麦芽 ホップ

     容 量:330ml

                    タイプ:ドイツスタイル / エールタイプ

                                    税 込:500

          

 

                   

     


     ライディーンビール アルト

 

 

コクのある味わいの中にもスッキリとした味わいえお楽しめます。

 

香ばしい香り、コク、ほのかに感じる甘みとホップのスッキリとした味わい

 

炭酸が強く、すぐに泡が無くなりやすいビールなので、小さく低めの筒状グラスでグイっと飲むのがおすすめ。濃色麦芽特有の華やかな柔らかい香りと、飲んだ後に苦味もありながらも後味はほんのりと甘みを感じるスッキリと

 

       アルコール度数:5%    

                   材 料:麦芽 ホップ

     容 量:330ml

                                                     タイプ:ドイツスタイル / エールタイプ

                                    税 込:500

 

     


 

   ライディーンビール  ピルスナー

 

 

低温で長期熟成した麦芽の香りとホップのコクが特徴です。

 

 豊かなモルトの風味と苦み、クリアな喉ごしをお楽しみください。

 

通常のグラスより高さのあるグラスにビールを注ぐと、キメ細やかな泡が生まれてアロマが泡下から立ち上ります。高さがある分、ビールが口元へ滑らかに注ぎ込まれるので、ラガー系スタイル特有のどごしを堪能することができます。

 

 

       アルコール度数:5% アルコール度数:5%    

                   材 料:麦芽 ホップ

              容 量:330ml

                                                     タイプ:ラガータイプ

                                    税 込:500   


   ライディーンビール  IPA

 

 

ホップの青々とした切れの良い苦みと柑橘系の豊かな香りが特徴。

 

 麦芽を贅沢に使用し、豊かなモルトの風味と華やかな香りを楽しめます。

 

でこぼこしたクビレのIPAグラスで飲むのがおすすめです。

IPAグラスは中間部が細まっており、このでこぼこしたクビレにより、グラスをかたむけるたびにビールが揺すられ、対流が生まれます。
そしてその対流が香りを醸し出し、泡立ちを保ちホップの香りと苦味を逃しません。

 

 

       アルコール度数:5% アルコール度数:5%    

                   材 料:麦芽 ホップ

              容 量:330ml

                                                     タイプ:アメリカンスタイル / エールタイプ

                                    税 込:500 


八海山 ライデーンビールギフト

 

  

                  

 ライディーンビール6本箱入れ  3,194

*上記4種類からお選びください。(組み合わせ自由)

 

      *発送の際は、蔵元の味わいをお届けする為、

  クール便を推奨しています。(プラス220円)

 

 

 


   詳細は、八海山のホームページでご覧いただけます。

       コチラをクリックしてください。